読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサーOLのダラダラ日記

食費の節約、料理、ライブ、便利グッズが好きなOLの日記です

とっても便利!常備菜の作り方

広告

ごきげんよう。

 

昨日はお休みだったので、部屋の掃除をしたり洗濯をしたり、歯医者に行ったり、ゴロゴロしたり…つまりアレです。歯医者に行っただけでした。

 

あ、あと常備菜を作りました。

ちょっとだけ。

仕事から帰ってきた後にご飯毎回作るのって結構面倒ですし、そんなとき常備菜って本当便利だな〜と思います。

特に一人暮らしだと、自分のためだけに遅い時間に帰ってきてわざわざ作るってなると、「え〜い!もう面倒くさいからやめよ〜!」ってついついなっちゃいますよね。

なので今回はそんな便利な常備菜について紹介したいと思います。

 

広告

 

 

 

 

 

常備菜を作る頻度と量

私はシフト制で働いているので、だいたい2日から4日に1回お休みがあります。

なのでお休みの日に常備菜を作るようにしています。

あとみそ汁などの汁物もこのとき一緒に作っておきます。

 

例えば昨日作った常備菜はこちらです。

 

f:id:wsrmn:20160610103300j:image

 

どん!

普段手抜きするための常備菜なのに、常備菜の時点で既に手抜きしています。

左から鶏と玉ねぎのバターポン酢炒め、トマトの甘酢漬け、やみつきキュウリです。

そして漂う手抜き感…

バターポン酢炒めは名前のまんま、バターとポン酢で炒めるだけですが、とっても美味しいです。鶏肉でやるのが一番オススメです。

あと玉ねぎとわかめのみそ汁も作りました。

 

私の場合、お昼ご飯はおむすびを作って持っていくだけなので、常備菜は完全に夜ご飯の分だけとなります。

明後日またお休みなので、だいたいこれくらいでよいかな〜と。

前はもっとたくさん作ってたのですが、一人だとどうしても余ってしまうので、最近は少なめかな?ってくらいの量にあえてしてます。

 

 

ちなみに昨日の夜ご飯はこちらです。

 

f:id:wsrmn:20160610105207j:image

 

この流れなのにまさかの常備菜いないーーー!!!

だいたい常備菜を作ったその日のご飯では、常備菜を登場させないようにしてます。

 顔も見たくない!!!!

 

 

 

常備菜のレシピ

レシピはだいたいこちらを参考にして作ってます。

 

 

 

 

 

 

こちらは以前作ったものですが、ほとんどつくおきのレシピで作ってます。

 

 

f:id:wsrmn:20160610110000j:image

 

わけのわからない小洒落た調味料が出てきたりもないですし、レシピ自体も簡単なものが多いのでかなり作りやすいです。

あとだいたいの保存日数があるのもありがたいですね。

私の場合保存日数プラス2日くらいならな最悪いけるだろう!と自分の舌を頼りに日々過ごしていますが、あくまでもその辺は自己責任でお願いします。

 

 

買い物の仕方とレシピの決め方

「作るものを決めてから買い物する派」と「買い物してから作るものを決める派」で分かれると思いますが、私は完全に後者です。

何も決めずにスーパーに行って、その日の安いものだけを買い、買い物しながらもしくは家に帰ってから何を作るかを決めます。

 

なのでたまに…

・白菜

・キャベツ

・小松菜

・水菜

・ほうれん草

みたいなやや残念な顔ぶれになることがありますが、その辺は買い物する時点でうまく調整が必要です。

ちなみに私は高確率で調整失敗です。

 

まぁ、どちらが正解かはわかりませんが、節約の観点から言うと個人的に「買い物してから作るものを決める」方がやりやすい気がしました。

 

あ、あと!この限られた食材で何を作れるか?と考えるのも結構楽しかったりします。

「これを使ってこれを作るとか、このレシピ世紀の大発見じゃね!?」と思うものをこしらえるときもあります。私天才か!と。

調子に乗りながら試しにググってみると、すでにクックパッドに同様のレシピがあり、「ですよねー!」ってなること必須です。

 

「みかんでカレー!くらいのパンチがあるのじゃないとだめかー!!」と思い今ググってみたら…

 

まさかのみかんカレーのレシピあるーーー!!!!

ギャーーー!!!

 

 

常備菜に飽きたら…

 

 例えば筑前煮を作って、仮に保存日数が5日間だったとします。

とはいえ毎日毎日筑前煮食べてるのもなんだか味気ないというか、そもそも飽きるわ!って話ですよね。

そんなとき私の場合、3日目くらいから他のものにリメイクしてしまいます。

例えば筑前煮だったら、カレーや味噌汁の具にしてしまいます。

特に煮物系をカレーにすると、ルー入れるだけで簡単にできるし、下手すると普通にカレーを作るより美味しいのが完成したりします。

あと一人前だけちゃちゃっと作れたりするのもいいですよね。

 

他にも肉じゃがだったら、ポテトサラダとかコロッケにしたり、とにかく味を変えて食べていく作戦です。

 

ただ「せっかく調理する手間をなくすために肉じゃが作ったのに コロッケ揚げるとかアホか!」って方は、そのまま肉じゃがを食べてください。

お願いします。

 

 

 

保存容器について

 以前まではずーっとタッパーだったのですが、インスタグラムやブログなどで常備菜をオシャレにこしらえる方々はこぞってある容器を使用してることに気づいたのです。

 

 

 

 

 

そう!このiwakiのガラス容器!!!

 

なので私もガラスの方がなんかオシャレっぽいというバカみたいな理由で、iwakiのガラス容器を使うことにしました。

 

f:id:wsrmn:20160610145710j:image

 

うん!タッパーのときよりちょっとだけオシャレに見える!気がする…

でもメリットってそれだけ…?と自分でも不思議に思ったので、iwakiのガラス容器のメリットデメリットを少しあげたいと思います。

 

メリット

・オシャレっぽくみえる

・油汚れを落としやすい

・匂いが移らない

・耐熱なので煮沸消毒できる

・同じく耐熱なのでオーブンでの使用可

 

油汚れが落ちやすいのはかなり大きいと思います。

タッパーだと洗剤で洗っても洗っても一生ツルツルし続けて、もはや諦めるしかないな…ってときもありましたが、こちらではそのようなことは一切ありません。

 

タッパーにカレーを保存すると、匂いも色も移るし、挙げ句の果てにカレーの油分が一生落ちなくてツルツルし続けて、もはやカレー専用 タッパーにするしかない…という悲しみの結果になりますが、iwakiのガラス容器だとこれからの悲しみは防げます。

 

 

ただ一つ…

 

他の問題が……

 

 

デメリット

・密閉でないので漏れる

 

 

そう!漏れるんです!!

よくタッパーの注意書きである「密閉ではないです」とは違うレベルでして…「とりあえず蓋しといたんで!」ってくらいやる気のない蓋です。

なのでもはや汁漏れ放題!漏らし放題です!

蓋を開けずに中の汁を楽しむことが出来ます!!

 

ただ斜めにしなければ漏れないので、これは使用する人が気をつければどうにかなる問題です。

これだけ漏れる!漏れる!騒いでおきながら言うのもアレですが、実際煮物や炒め物を保存する分には特に問題ないです。

 

ちなみに私は味玉の保存で、5回中4回斜めにして汁をこぼしてます。

高確率!

 

 

まとめ

そんなわけで常備菜を作るようになってから、帰宅後5分で夜ごはんにありつけるようになったので、遅番後でもちゃんと家でごはんを食べるようになりました。

かなり食費の節約には貢献していると思います。

休みの日にまとめて作るのすら面倒くさい~!と言われたらもはやそれまでですが、料理自体は好きだけど毎日やるのはちょっとな〜って方はぜひ試してみてください。

 

以上!