アラサーOLのダラダラ日記

食費の節約、料理、ライブ、便利グッズが好きなOLの日記です

お嬢様言葉と私

広告

ごきげんよう。

 

タイトルが意味不明すぎて、自分でもどうしたもんかと思います。

実はこれ、昨日の夜にタイトルはもちろん記事自体も半分寝ながら書いたものなんですが、多少の修正のみであえて投稿します。

 

毎回ブログの最初はごきげんよう始まりがもはや定番となりつつありますが、私にも会話の大半がお嬢様言葉だった時期がありました。

まるで誰でも通る道みたいな、あたかも反抗期の話でもするかのような言い方をしてしまったことは少しだけ反省しています。

 

 今回はそんな私と乙女言葉についての話をしたいと思います。

 

 

つまり!!!超どうでもいい話です!!!!

画面を閉じるなら、今がチャンスよ!!!

 

 

f:id:wsrmn:20160908000526p:plain

 

きっかけ

大学生の頃に飲食店でバイトをしていたのですが、1人だけどうしても苦手な人(以下 乙女)がいたんです。

別に仲が悪いとかではないし嫌いとはまた違うのですがなんか苦手で、乙女とは仕事の話以外は一切せず、もちろん連絡先も知りませんでした。

 

しかしある日突然、他の人から私の連絡先を聞き出し、乙女から一通のメールが届いたんです。

 

ハチミツ二郎の誕生日会に一緒に行かない??

 

いま思うと突然連絡が来たこともそうですが、他に突っ込みどころ満載なことに気づきました。

が当時の私はあっさりと承諾をしました。

 

全く話したことのない乙女と2人で、なぜかハチミツ二郎さんの誕生日会に参加するという、極めてハードルの高い行為!

今の私なら断ってるに違いない!!!

 

けど行ってみたらまさかの意気投合!

この日を境に、乙女との距離が一気に縮まるのです。

そしてハチミツ二郎さんの誕生日会の方が、私のお嬢様言葉なんかより興味ある人が多いかと思いますが、誕生日会の様子はスルーという!!

 

基本的に友人とは一定の距離を保ちたいのですが、乙女とはずーっと連絡を取り続けても毎日会っても全く苦痛でなかったです。

むしろ居心地が良いくらいでした。

 

そしてもう一つ乙女と他の友人と違った部分が、そう!会話のすべてがお嬢様言葉だったということです。

なぜそうなったのかは覚えてませんが、もはやお互いお嬢様言葉でしか話してなかったです。

 

挨拶はもちろん「ごきげんよう」

語尾は「〜だわ」「〜よ」

疑問文なら「〜かしら?」

驚いた時は「あら」

みたいな感じのアレです。

とにかくずっとこれで会話をし続けてました。

 

 

 

お嬢様言葉の弊害

乙女との仲が良すぎて、四六時中連絡を取り続け、バイトも一緒だし、終わった後に一緒にご飯にも行ってみたいな日々が続いていました。

なので必然的に、お嬢様言葉を話す時間が長かったのです。

 

そのせいでうっかり他の友人との会話でも「ごきげんよう。〜かしら?」みたいなのを使ってしまうようになり、急にキャラ変したおかしい人みたいになっていたようです。

そのせいか今でも大学の友人から連絡が来るときは、なぜかあちらも気を遣ってなのか未だにお嬢様言葉で連絡をしてくれます。

それなのにここで私が裏切るわけにはいかないので、よくわからないけど私も

 

あら♡お久しぶりね、○○さん

元気にしてたかしら?

 

みたいな非常に不自然なやりとりになります。

いつまでこれを続けていけばよいのだろう…

 

広告

 

 

 

ごきげんよう事件

そんなある日、高校の同級生(男性)と2人でご飯に行くことになったのです。

てかこれもはや本人が読んだら、俺のことやーーん!!てすぐわかっちゃうけど、ま、ええやーーーーん!!!

99パーセント読んでないし、もし読んでたらごめんね♡

 

ちなみにその同級生とは高校卒業してから一度も会ってなく、おそらく3年ぶりくらいの再会でした。

なんで会うことになったのかももはや覚えてないのですが、とりあえず会話のほとんどがお嬢様言葉だったことだけは覚えてます。

 

会ってすぐの時は普通に話してたのですが、お酒が入り段々と素が出てきたらお嬢様言葉になっちゃう!っていうわりとカオスな感じでした。

 

お嬢様言葉って丁寧な言葉遣いなはずなのですが、なぜか同級生には「ごきげんようとかどうしたの?言葉遣いどうしちゃったの?」と心配される始末。

 

そして今でもあの時の状況を鮮明に覚えてるのですが、帰り際駅へと向かう階段をのぼりながら「なんか今日会ったの、想像してたのと全然違ったわ」と失望したよ感満載の言い方の言葉をいただきましたーー!!!

 

えーーー!!!うそーーーん!!!

なんかわからないけど、告白してないのに振られた気分!!!!!!

 

別にその同級生のこと、そう意味での好きっていう気持ちはなかったし、あちらも私のことは友達としてしか見ていなかったのに、突如ぶっこまれたかのごとく私が振られた人みたいな気分になりました。

うそやーーーん。

むしろどういうの想像してたねん!!自分!!てな具合に、やや逆ギレ的な気分に当時の私はなったのでした。

 

ただアラサーになった今、その同級生の戸惑う気持ちにしか共感できなくなりました。

その後もちろん二度と二人で会うことはなかったのですが、元気にしてるかな??

 

 

まとめ

言葉遣いは、自分のキャラに合った言葉遣いを選びましょう!!!

 

それではみなさん、ごきげんよう!!