アラサーOLのダラダラ日記

食費の節約、料理、ライブ、便利グッズが好きなOLの日記です

一人暮らしの体調不良!買い出し方法!

広告

ごきげんよう

 

 

吐き気と腹痛で死にそうになる夢をみて、目が覚めたところ、まさかの現実の苦しさだった私です。

気持ち悪い…非常につらい。

 

起きた瞬間「うわ…まじか」と絶望でした。

 

それにしても一人暮らしで何が辛いかと言ったら、やはり体調不良が一番辛いですよね。

かれこれ10年以上一人暮らししてますし、一人暮らしに慣れすぎてもはや人と暮らせないんじゃないか?と思い始めている私です。

しかしそんな私でも、体調不良の時だけは「こんな時に誰かいれば…」と毎回心細くなります。

「実家に帰りたい」と急に実家が恋しくなったりもします。

 

この辛さ、一人暮らしの皆で共有しあうではないか!!と思い、布団にくるまりながらこの記事を書いております。

 

f:id:wsrmn:20160915233410p:plain

 

 

 

一人暮らしの体調不良でつらいこと

このまま死ぬのでは?と不安になる

まずはこれですね!

一人だから具合の悪さにプラスして、とてつもない不安な気持ちに襲われます。

絶対に死なないレベルの具合の悪さなのに、このまま死んだらどうしよう…誰にも発見されずに数日放置かな…とか色々考えてしまいます。

 

 

病院に行けない問題

症状にもよりますが、病院に行くよりはひたすら寝まくって治したいタイプです。

けど以前の職場は体調不良の時点ですぐに「病院に行って、結果を教えてください」というのがお決まりでした。

本当ただの風邪でも絶対に行かなきゃいけなくて、診断書提出とかではないのですが、それが結構しんどかったです。

 

まず家の近くに病院がないので、40度近いのに隣駅にある病院までひとりで行くのは結構きつかった!!

 

そして一番きつかったのは、なんと言っても胃腸炎になったときのことです!

一番症状が重いときに「とりあえず病院に行って!」と言われたときは、言ってることはわかるけど鬼畜かーーー!!!と思いました。

 

 

玄関で鍵閉めてる段階で漏らすわ!!!

 

今行ったら漏らすから、ある程度落ち着くまで無理です!ということを丁寧に伝えて、結局2日後くらいに病院に行った気がします。

 

 

食糧不足問題

これはもう一人暮らしの体調不良あるあるですね。

 

買い出しに行けない!!!!!

 

しかも具合が悪い時に限って、冷蔵庫の中身が空だったりするわけですよ。

あと飲み物も全然なかったりして、誰か私のポカリスエットを!!!と何度思ったことか…

 

そして今住んでる家は、最寄りのスーパーやコンビニが徒歩8分くらいの距離にあるため、普段はいいけど体調不良だとまじで黒部ダムの階段くらいの辛さがあります(わかりづらい例え)

 

 

この食糧不足問題は、きっと一人暮らし経験者なら誰もがぶち当たったことがあるはずです!!

誰かに買ってきてもらいたけど、でもこの状態で友達に頼むのも微妙だし…仕方ない、這ってでも行くか…と。

 

 

広告

 

 

 

食糧不足問題解決法!!!

出前を活用しよう!!

一人暮らしの友人と話していて思ったのが、出前をとったことがない人の多いこと!!

元気な時に取ることが多いのですが、体調不良時にも活用しています。

特に便利なのが、出前館です。

 

住んでる地域を入力すると、出前可能なお店が出てきます。

出前というとピザやお寿司のイメージが強いですが、ガストやジョナサンなどのファミレスもあります。

地域にもよりますが、案外いろいろなお店が出てきます。

 

体調不良のときに、うどんや雑炊の出前をしたのが、今となっては懐かしいです。

辛かったな~。

 

出前館公式サイト 

 

ネットスーパーを活用しよう!!!

ネットスーパーを使ったことない人も結構いますよね。

けどこれ本当に便利で、もはや元気な時もめっちゃ使ってます!!

体調不良で出かけられない時なんか、使いどきでしかない!!使わないのはもったいない!!

 

私は西友ネットスーパーイトーヨーカドーネットスーパーをよく使っています。

あれだけ欲していたポカリスエットも、もはや箱ごとでも持ってきてくれます。

食料以外にも、例えば冷えピタが欲しかったり体温計が欲しかったりした場合も、一緒に購入できます!!

超便利!!!

 

ちなみに今回西友とヨーカドーの紹介をしていますが、自宅でどのネットスーパー利用が出来るかは、先ほどので出前館調べることができます。

 

出前館最強じゃね??

 

 

 

おわりに

一人暮らしの体調不良本当につらいですよね…

体調管理に気をつけるのが一番ですが、そんなこと言われても具合悪くはなってしまうものなので、そういうときはぜひ上記の活用をしてみてください。

 

私もはやく元気になれねば…

では、さらばじゃ!