アラサーOLのダラダラ日記

食費の節約、料理、ライブ、便利グッズが好きなOLの日記です

アラサーOLがクリープハイプのライブに行ってきた!!!

広告

ごきげんよう

 

3年前は月に4回ペースでライブに行っていたちくわです。

最近はというと…年に2回行くか行かないかです。

 

少なっ!!!!急に減りすぎだろっ!!ていうね。

 

以前友人のジョニーに「俺は大体、年に6回くらいライブに行くかな〜」と言われた際、「じゃあ、あんまりライブ行かない方だね!」って何の悪気もなく言ってしまったんですよ。

だってほら、その当時のわたしは年に50回くらいライブに行ってたので、完全に感覚狂ってたんですよね。

だから本当に素直な気持ちでそう言ってしまったんですよ。

そしたらジョニーにものすごく不満げに「結構多い方だと思うよ!」って言われちゃってさ〜〜

 

いや〜ごめん!ジョニー!!!

 

あれは、私が悪かった!!!!確かにジョニー結構ライブ行ってる方だわ!今ならわかるわ、ごめんね!!

 

ジョニーが来たなら伝えてよ〜2時間待ってたと〜〜〜〜

 

はい、そんなわけで年2ペースでライブに行く私が、今年1回目のライブに行って来ましたーー!!!

 

 

秘宝館に行って来たよ!!!

秘宝館といわれ、熱海にあるちょっと大人なスポットを思い出したあなた…正解!!!!

でもここでは不正解!!!!

 

今回のファンクラブ限定のクリープハイプのツアー名である。

 

正式には「秘宝館」〜満開栗の花〜

 

私が行ってきたのは、3月16日に新木場のスタジオコーストで行われたツアー初日。

f:id:wsrmn:20170325233451j:image

本当はその前に仙台公演があったのだけれど、ボーカルの尾崎さんの体調不良により公演延期となってしまい、この東京公演がツアー初日となった。

 

アラサーには後方での鑑賞がベスト!!

整理番号は290番。

決して早い番号ではないけれど、実際入場してみたら前の方はスカスカ。

余裕で前いけるじゃん!と思ったけど、アラサーOLはライブの揉みくちゃに耐えられる体力をあいにく持ち合わせていない。

 

よって段差の最前を狙うのがベストなのである。

近くはないけれど、ステージ全体が見たわせる位置。

そして後ろからの圧迫もなく、のんびりライブ鑑賞を楽しめる素晴らしい位置、それが段差最前。

 

その中でも私は2段目の段差で見ることにした。

1段目よりもより控えめのこの位置。

段差には柵もあるので、寄りかかることもできる。

まだこの場所にはわたし以外誰もいなく、バーに腕を置きながら、今日のライブ勝ったな…と1人気持ちが高まってゆく。

 

ただここで問題が起きる。

 

非常に喉が渇いた。

 

知ってる方も多いと思うが、ライブハウスのライブはワンドリンク制なので、ドリンクを一杯飲むことができる。

ドリンクを飲みながら優雅にライブを観るも、ライブ後に飲むのもどちらも良し。

 

しかしせっかくベストポジションを手に入れた私は、ドリンクを交換しに行っている間に、この場所が埋まってしまったらどうしよう…と10分くらい悩んでいたのだ。

結果からすると喉が渇いた!と思った瞬間にドリンク交換に行けば、その場所が埋まることがなかったのだが、悩み続けているうちに今更ドリンク交換なんて行けない!という状態になってしまったのである。

 

今日のライブ、負けたな…

 

そう思いながら、開演までの残り40分くらいは、ずっ〜とスマホで「唾液は水分補給になるのか?」について調べていた。

 

ならないらしい…

 

そんなわけでその日のライブの目標が、脱水症状にならない!に変わった私は、あることに気づく。

一つ前の段差で、本を読みイヤホンで音楽を聴きながら開演を待つ男性がいるのである。

ライブ会場で本を読んでいる人はなかなかいないので、とても素敵に感じた。

 

それだけでない。

その男性は175センチくらいの身長で身体は細身。

良い意味で男らしくない、ちょっと中性的な雰囲気の、つまり私のタイプど真ん中の後ろ姿だったのです。

顔は見えないが、髪型やその雰囲気から、私は彼のことを坂口健太郎と名付けた。

 

  広告

 

 

ライブ開始!!

脱水症状と坂口健太郎のことを考えていたら、わりとあっという間にライブが始まった。

 

まだツアーは続くので、詳細なネタバレ的なことはしないようにしたいのだが、1曲目はもはやライブで定番の盛り上がる曲だった。

 

さすが定番曲だけあって、前方だけでなく後方の人たちも腕を上げ、非常に盛り上がっている。

ちなみに私はというと、地蔵のようにステージを観ていた。

以前は腕を上げてライブを楽しんでいたのだけれど、最近はすっかり落ち着いてしまいステージをジーッと見つめ続ける系アラサーに変わってしまったのである。

楽しんでなさそうな見た目ではあるが、心の中は非常に楽しい。

 

そしてふと健太郎チェックをしてみると、健太郎も地蔵ではないか!!!!

よくライブ前に寡黙を装っていても、いざライブが始まると人が変わったように動き出す人がいる。

それはそれで全然良いのだが、私のタイプの話でいうと、ライブ中もある程度落ち着いた男性が好きである。

しつこいが、あくまでも男性のタイプの話であって、ライブでこうあるべきとかそういう話ではない。

 

健太郎…どこまでもタイプだな。そう思いながら、ライブを楽しんでいた。

 

 

ライブ開始数曲で、私の1番好きな歌が始まった。

これは曲が始まる前の流れですぐにわかる。

この曲に続くメロディーが流れた時に、非常に興奮した。

 

そして自然とそれまで地蔵であった私の身体が揺れだした。

なんや自分、ノリノリやん!て自分にツッコミたくなるくらい。

だが、腕は決して上げない。

しかし手拍子はしっかりとする。

この曲は手拍子も醍醐味の一つである。

 

 

ノリノリで手拍子をする私の目に、ふと入った健太郎。

 

健太郎めっちゃノリノリやん!!!!

 

こ、これは…この人とならうまくやっていける気がする!

そう思った瞬間でした。

 

きっと2人なら全部上手くいくってさー

上手くいくってさー

 

セットリストが最高すぎた!!

とにかく今回のライブ、セットリストが最高過ぎました。

 

私が選ぶクリープハイプの曲第1位と番外編第1位のどちらも聴くことができたのです。

特に番外編の方はあまり聴く機会がなく、少し前にあった本八幡でのライブ以来聴くことが出来ました。

 

めっちゃ嬉しいーーーーー!!!!!

 

普段そんなに好んで聴かない曲も、ライブで聴くとまた違う感じに聴こえてきて、ライブ後ずっと聴いてしまったりして新たな発見もありました。

 

いやーーとにかく本当に良いライブでした。

ライブ自体久しぶりだったので多少不安な気持ちもあったのですが、そんなの忘れてしまうくらい素敵な時間を過ごせました。

 

ライブって本当にいいなーーって改めて思いました。

 

 

おわりに

ちなみに健太郎とは、曲の趣味も抜群に合うようで、健太郎がノリノリになる曲と私の好きな曲がドンピシャなのです。

嘘だろ!?って思うくらい、本当に。

 

こうなったら最後に健太郎の顔見て帰らないと!と思い、終演後明らかに人の流れに沿わない動きで会場を移動しました。

 

そして遂に健太郎の顔を見ることが…

 

 

 

 

まさかの女だったーーーーー!!!!!!

 

…お、おわり…