【スポンサーリンク】

無職でやることないので、ハプニングバーに行ってみた【その2】

f:id:wsrmn:20180518001053j:plain

こんにちは、いぬちんちです。

 

今回はハプニングバーシリーズ第二弾。

ハプニングバーについてと前回の記事はこちらをどうぞ。
www.koma-blog.com

 

そんなわけで一度行ったら、なぜかもっと興味が湧いてしまったハプニングバー!

初めて行った1週間後くらいに、懲りずにまた行って来たので今回はそのレポです。

 

前回とは別の新宿のとあるハプニングバー(以下 ハプバー)にカップルで行ってきました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

店内へ入ってみた!!!

前回同様、受付で身分証の確認と店内での遊び方や注意事項などの説明を受け、いざ店内へ。

 

今回は2度目のハプバーということもあり、緊張感ゼロの余裕のよっちゃんでした。

どうせまた入店したら、たくさんの男性がこっちジロジロ見てくるんでしょ!わかってるわよ!そんな何もかも把握したかのような余裕の気分で入店。

 

そして入店した私の目に飛び込んで来たのは…

f:id:wsrmn:20180518002131j:plain

 

過疎!!!

 

初回に行ったハプバーは大変繁盛していたのですが、曜日のせいかこちらは全くのガラガラ。

そう、ハプバーって店内の状況を入店前に教えてもらうことが一切できないのです。

なので極論いうと、高いお金払って入場したら自分しかいない!な〜んて可能性もあるのです。

 

わりと広い店内なのに、10人いるかいないか程度のお客さんの少なさ。

そしてその全てが、まさかの男性なんです。

 

f:id:wsrmn:20180518001053j:plain

紅一点!!!!
 

ドリンクを受け取った私たちはただでさえ過疎っている店内なのに、その中でも最も人里離れた位置のテーブル席を陣取りました。

 

前回のハプバーでのしつこいやつやばいの教訓を生かし、興味がない方とはこちらかの接触を図らない作戦にでたのです。

 

 

地獄の紅一点

店内は異様な雰囲気。

 

高い入場料を払いきっといろんな意味でやる気満々で入店して来た、それぞれの男性たち。

それなのに!!!それなのに!!!

大画面に映されたアダルトなビデオの映像を肴に、お酒を飲むだけ現実。

 

自分、何してんだろう…こんなはずじゃなかったのに…

 

おそらくあの場にいた男性、みんながそう思っていたに違いありません。

そんな哀愁を彼らの背中から感じ取ることができました。

 

悲しいかな、一向に女性客が来店する気配がない…

 

あまりにも閑散とした雰囲気だったため、動き出す店員さん。

 

実はハプバーって、コスプレ衣装があって店内でコスプレすることができるのです。

しかし私がコスプレをする意思がないとわかると、なぜか一緒に行った男性にコスプレを勧めだす店員さん。

しかも女性用の服。

 

これぞまさに苦肉の策!!!

 

いくら彼がかわいい顔をしているからといって、女性用のコスプレ衣装を着たところで誰にもメリットがないし、確実に怪我をするだけです。

ここは丁重にお断り。

 

そんなこんなしてると、なんと店内にちらほら女性が現れだしたのです。

それもコスプレ衣装を身にまとった若い女性たちです。

 

実はこのお店の良いところとして、店員さんがお客さんと色々お話ししたり遊んだり(健全な意味で)しながらコミュニケーションをとってくれるのです。

なので男性客の皆さんは、このかわいい女性店員さんたちとお話したりして、そこそこ楽しそうに過ごしていました。

 

そんなかんじで何もないのに無駄に4時間くらい滞在して、私たちは帰ることに…

今回は他の人とあまりお話もしなかったので、非常に閑散としてる普通のバーに飲みにいったのと何ら変わらない感じで終わりました。

 

私たちが帰り支度をしてると…

 

なんと単独女性がご来店!!!!!

 

f:id:wsrmn:20180518042715j:plain

 

 うぇ〜〜〜〜い!!!!!

 

入れ違いでお店を出てしまったので、その後の彼らの様子はわかりませんが、きっと楽しい夜を過ごすことができたのでしょう…そう信じています。

 

そんなわけで今回は、お客さんいなすぎ過疎りすぎ事件だったのですが、他の2回はそこそこの収穫があったのでまた次回。

 

つづくっ!!!

 

 

 4つのハプニングバーに行ってみたまとめの感想はこちらっ!!

www.koma-blog.com