【スポンサーリンク】

未知との遭遇がそこにある!!平凡な三十路がハプニングバーに行ってきた【その4】

f:id:wsrmn:20180520095430p:image

こんにちは、いぬちんちです。

 

全4回のハプニングバー(以下  ハプバー)に行ってきたよシリーズの最終回です。

前回の記事もよければどうぞ。

 

www.koma-blog.com

 

今回は渋谷のとあるハプバーに行ってきました。

前回同様、カップルでの入場です。

 

【スポンサーリンク】
 

いざ店内へ!!

入り口に入ると、受付待ちの人が数人。

今までにない繁盛っぷり!

それにしても受付の時点で誰かに会うのって、ちょっと気まずいよな…なんて思ったり思わなかったり。

 

店内の作りは3階建で、地下がバーエリア・1階が受付とロッカールーム・2階がプレイルーム

 

店員さんに連れられてバーエリアに着くと、とにかくBGMがめっちゃうるさい!!!

三十路には非常にきつい大音量で、好みじゃない音楽がガンガン響く。

居心地がとても悪い…

 

そして、店内の状況はというと…今までに比べて若者率が非常に高い。

あくまで自称年齢だが、20代前半が多かった。

あとカップルイベント(カップル入場の金額が安くなるやつ)の日に行ったため、店内の半分くらいがカップルだった。

 

そしてハプバー4回目の私は、人生初のコスプレに挑戦した。

以前からチャイナ服への憧れがあったので、とりあえずチャイナをチョイス。 

 

未知の体験とのふれあい

例のごとく色々なカップルや単独男性と会話をしたりして過ごしてると、店内の一角でポールダンスや縄を使って縛るプレイをしている方々がちらほら現れ出す。

いや、もはやプレイでなくてショー!!

 

店内の視線が彼らに集まる中、様々なパフォーマンスで観客たちを魅了する。自身も同じ客という立場なのに。

きっと見られるのが興奮するタイプに違いない。

 

しかしそのショーの最中、パフォーマーの男性とやたら目が合うのだ。

観客はたくさんいるのに、やたら目が合う気がして仕方ないわたし…

これはまさか…私は幼少期のとある記憶が蘇ってきた。

そう、それは…イルカショー!!!!

f:id:wsrmn:20180520095442p:image

まだ私が5歳くらいだった頃イルカショーをみていると、パフォーマーの女性に指名され、みんなの前でイルカにキスをされる役になった。

あの日と全く同じような感覚に陥った。

 

つまり…このままだと、このアダルトなショーに参加させられるのでは??

 

なんて不安になったので、とりあえずショーから目を逸らし、右手に持っているジンジャーエールを飲む。ハプバーで飲むジンジャーエールは緊張感からか、普段飲むジンジャーエールと全く違う味がする。

くるりの気持ちがちょっとわかったかも、なんて全国のくるりファンに叱られるようなことを考えていると、無事そのショーも終わった。

 

助かった…そう安心した頃には、ジンジャーエールも空っぽになっていた。

連れの男性がドリンクを持ってきてくれるのを1人で待っていると、目の前にあるものが置かれた。

 

ムチだ。

 

え!?ムチ!?なになにムチ!?!?

ムチってあの鞭??

 

急展開すぎるーーーーー!!

 

f:id:wsrmn:20180520095502p:image

説明しよう。

こちらの鞭は先ほどのショーで使用されていたもので、それを置いてきたのはパフォーマーの男性である。

つまり、君もどうだい??という誘いだったのだ。

 

やっぱり!!あのとき!!やたら目が合う気がしたのは、間違いではなかったのだ!!!

 

とりあえず私がやんわりお断りすると、なぜか連れの男性が全身を縄で縛られ、ムチで調教されるという結果に落ちついた。

 

本日2度目の、助かった…

 

そんなこんなでひと段落したあと、一応2階にあるプレイルームも見てみるかということになった。

鑑賞エリアは私語厳禁。

少しでも喋ったら、店員さんに即叱られる。

 

マジックミラー越しに他人の行為をみるのは、全くもって興奮しない。

鑑賞中の私は、その日1番の賢者タイムをむかえていた。

今なら赤チャートでも解けるんじゃないか?そんな感覚に陥るくらいの賢者だった。

 

他人の行為がその辺で行われていることになんの違和感もなくなってしまった私は暇になり、ひたすらドリンクを飲んで始発列車を待った。

 

4時を過ぎた頃には、なんで私、チャイナ服着ながら他人の喘ぎ語をBGMにジンジャーエール飲んでるんだろう…と30年間生きていて、一度も感じたことのない気持ちになった。

結局踏み込めなかったくるりとは反対に、踏み込み過ぎたまま朝を迎えたのである。

 

 

まとめ

ハプニングバーは、おもしろい。

 

4回行ってみて、非日常の空間で色々な人に出会って、普段しないような状況に目の当たりしたり、経験することができました。

一度も自分が行為自体に参加することはありませんでしたが、それでも楽しい時間を過ごせた気がします。

 

気になった方がもしいたら、是非行ってみてください。

ただその際は、ある程度入場料の高めな客層が良いところに行くことをおすすめします。

あとお店のシステムがしっかりしているところですね。

このへんについては、また気が向いたら記事にしようと思います。

そんな感じで全4回のハプバーレポは終了です。

 

喉乾いたからジンジャーエールでも飲も〜っと。

お〜わり。