【スポンサーリンク】

違うの!誤解だ!冤罪だ!!トイレあるあるナンバーワン!?この異臭の原因は私じゃないの!!事件

f:id:wsrmn:20180524113709j:plain

こんにちは、いぬちんちです。

 今回は、個人的トイレあるあるナンバーワンの冤罪事件についてのお話です。

【スポンサーリンク】
 

職場や駅などの公衆トイレに入ると、臭い…そう感じる瞬間、少なくないと思います。

なんだよ〜前の人、とんでもなく臭いのしてくれたな〜〜!!なんて入った瞬間は思ったりもするけれど、いや、待てよと私はそこで考えるのです。

 

これは、確実に犯人がいるパターントイレ自身が臭いパターン(掃除不足や配管など)の2つのどちらかであると。

ちなみに個人的には、前者の方が苦手です。

 

ただトイレの臭いの原因、それ自体はもう別にいいのです。

 

 

そんなことより、気になるのはただ一つ。

このあと入った人に、あいつくせぇ!って思われる!!

 

しかもそんな臭いトイレの時に限って列ができているため、入れ違いで確実に誰かが入ってきてしまうという状況。

そしたら絶対次の人に、なんだよさっきのやつ臭いな!!とか思われちまう!!!

 

そう不安になるのです。

 

駅などの公衆トイレなら、仮にそう思われたところでもう2度と会うこともない相手だろうし、そもそも出てきた人(この場合私)の顔なんて見てないだろうし、気にすることなんてないのは百も承知二百も合点。

でも気になっちゃう!!!

 

少し時間置けば少しは臭いおさまるかな…なんて考えるけど、列をなしてるならなおさら次の人たちのために早く出なきゃいけないし、そもそもそんな臭い空間に長時間いる意味がわからない…

 

そんなことを考えながら、臭いトイレの中でひとり用を足すのです。

 

結局はおとなしくトイレをあとにするんだけどさ…次の人ももしかしたら、入った瞬間は前のやつ何したんだ、この臭さ!!な〜んて最初は思うけど、途中でいや、これ出た後、自分が臭い原因って思われるかな?まてよ、てこと前の人のせいじゃない??なんて感じにさ、思ってくれたら嬉しいよねなんて思ったり思わなかったり…

 

いや、なんのはなし!!!

 

そんなわけで自分がトイレに入った後は、携帯用の消臭スプレーを使っております。

厳密には最近ちょっとサボりがちではありますが…

とりあえず本日のブログは、誰か1人でも共感してくださる方がいたらそれだけで本望です。

では、さようなら。