【スポンサーリンク】

みんなの視線が気になって仕方ない!焦ってレジで小銭が出せない人たちとこの気持ちを分かち合いたい

f:id:wsrmn:20180524114835j:plain

こんにちは、いぬちんちです。

最近近所のスーパーにセルフレジが導入されて、非常に嬉しく思っております。

最初はちょっと緊張したけど、セルフレジ…いいですね、あいつ。

 

 

なんでセルフレジがいいかっていうと、答えはただ一つ

多方面からの重圧を気にすることなく、支払いをできるから!!

【スポンサーリンク】
 

私はレジでの支払いの際に、小銭を出すことができません。

いや、正確にはできるんですよ。でもできないの。

小銭でぴったり支払い可能だったとしても、それをすることをもう一人の自分が許さないのです。

なぜならレジ打ちの店員さんと後ろに並んでいるお客さんの双方からの圧力に負けるから。

実際どっちもなんとも思ってないかもしれないけど、被害妄想でものすごく焦ってしますのです。

 

例えば支払い金額が987円だったとします。

 

987円

 

一番少ない小銭の組み合わせだったとしても

500円  1枚

100円  4枚

  50円  1枚

  10円  3枚

    5円  1枚

    1円  2枚

 

なんと合計12枚も取り出さなければいけないのである。

これは非常に難しい… 

 

しかも何枚も他の小銭がいる中から、これらを正確に選ばなければならいという難易度の高さ。

5円と10円なんて少し暗い小銭入れの中では、どっちがどっちかもよくわからない。

 

結果…千円札1枚を出して終わる会計。

新たに増える4枚の小銭…

 

 

なのでどうせ無理な戦いは最初から諦めることにして、基本は最初から端数だけきっちり出すことだけに全力を注いでおります。

5円1枚と1円4枚を左手に握りしめてお会計に挑んでますので、瞬時に端数を支払うことが可能なのです。

謎の努力。

 

でもたまにいるじゃないですか。ものすごく優雅に小銭を出している人。ちょっとそういう人が羨ましい気持ちも多少あるけれど、どうしてもあれになれないのです。延々小銭探ってて、明らかに店員さんもうんざりし出してるのに、まさかのカバンの奥からもう一つ謎の小銭入れとか出し始めたりできる人。

 

どうしてもあれになれない。

そしてなりたくないという自分もいる…

 

財布自体をなぜか会計金額発表されてから探し出すという勇者も、その類の人には結構多い気もしますが、それに関してはどうかと思います。

あれってレジ打ち待ってる間、何してるんですかね?

純粋に不思議で仕方ないので、何考えてるのか知りたいです。

 

と少し話が脱線し始めたのですが、とにかく周りの視線が気になって小銭が出せないよー!!っていう人たちと気持ちを共感できたら…という思いだけで、今回この記事を書いております。

 

でもさ、色々書いてて思ったんだけど…

キャッシュレス生活始めよーっと!!

 

おわりっ。