【スポンサーリンク】

おっさんの財布拾ったら、なぜか家まで追っかけられた意味不明体験を振り返ってみる

f:id:wsrmn:20170504112301p:imageこんにちは、いぬちんちです。

 

今回も過去を懐かしむシリーズ。

前回のそれは、大学生の頃に手相がうんぬんって話でしてた。

www.koma-blog.com

 

 

 

けど考えてみれば、大学生の時って他にも色々な声かけ事案があったんですよね。

手相みたいな何か売りつけられる系もそうなんですが、なんていうか普通にその辺のおっさんが声かけてくる的な事案。

あれね。いわゆるナンパですかね。

 

その中でも最も意味がわからなくて怖かった事案について発表したいと思います。

 

 

ある日の帰り道…

それはむかーしむかしーし、三十路の私がまだ大学生のころのおはなしです。

学校帰りに起こった出来事でした。

 

最寄り駅から自宅までは大体10分くらいの距離。

時間は19時頃だったため、会社帰りの人も多く、人通りはそこそこありました。

 

すると…前を歩くサラリーマン(推定年齢40代前半)のポケットから、財布が落ちたのです。

心優しい私は財布を拾い、小走りでサラリーマンに近寄って財布を渡したのです。

 サラリーマンは爽やかにお礼を言い、足早に立ち去って行きました。

 

正直年上男性に興味がない私は、そのサラリーマンの顔をちゃんと確認していなかったのです。

ほら、19歳の頃の40代男性とか、正直おじさんっていう一括りでしかなかったですしね。

メガネのおっさんだったわーという印象でした。

 

その後、サラリーマンはどこかの道で曲がったのか、姿を消しました。

 

 

前を歩いてたおっさんがなぜか…

いやー財布拾ってあげるなんて親切だわー!!!などと自分のこと脳内で褒めながら歩いていると、前から歩いてきた男性に声をかけられたのです。

 

駅まではどうやって行けばいいですか??

 

はい、察しの良いみなさんならもうお気づきでしょう!!!!

 

そう、まさかのあの財布のメガネおっさんだったんです!!!!

 

いや、どう考えても状況おかしくないですか???

 

明らかに駅から歩いてきたはずで私の前を歩いてたのに、突然私の前から歩いてきて、しかも駅への道を聞く???

 

え!?迷子!?

財布落とした瞬間もずっと駅への道を悩んでいたの??

絶対そんなことなくねーーー???????

 

でも聞かれた瞬間、愚かな私は、そのサラリーマンが財布のメガネおっさんだと気づけなかったんですよね。

なので親切な私は駅までの道を教えてあげました。

 

んでその人と別れたあと…あれ?さっきのおっさん、さっきのおっさんじゃね??!?!?

 

きもーーー!!!!!!ってなって、とりあえずダッシュをしました。

 

【スポンサーリンク】
 

 

迫り来るおっさん

こういう時、まっすぐ本来は家に帰らないのが1番いいのですが、まだ上京したてでウブな私は一目散に家まで走りました。

 

スタタタタタタタ!!!!!

あ、これ走ってる効果音ね。

 

もうね、猛ダッシュよ!!!

後ろからおっさんが来るかなんて確認する余裕もなく、ひたすら走りました。

 

そんでオートロックの鍵を開け、なんとかエレベーターホールまで辿りつくことができました。

そしたらこれね、本当漫画やドラマみたいなんだけどさ、オートロックの扉が閉まるその瞬間に、まさかのおっさんがマンションに駆け込んで来たんですよね。

 

あと1秒遅かったら、おっさんもこっちの世界に入れてしまったわ。

あんなにダッシュで玄関に飛び込む人を見るのは、最初で最後でした。

 

とりあえず家に入って、部屋の電気を消したまま、しばらく震えていたのです。

 

いや、これね、めっちゃ怖かったから!!!!

 

意味不明すぎて怖い

いや、これ、結構意味わからなくないですか??

財布落とした段階から既に計画だったのか??

それとも何!?財布を拾ってくれたお礼をどうしてもしたくて、家まで追っかけて来たのーーー????

 

絶対ちがーーーーう!!!!

 

まとめ

変な人につけられて、家に逃げ込むのは危険なのでやめましょう!!!

家がバレます。

 

ちなみにその後、つけられるってことはなかったのですが、本当に怖い体験でした。

 

そしてこれを機に、前の人が落としたものを拾うのが怖い!というトラウマに私はなりました。

みなさんも変な人にはくれぐれも気をつけてくださいね〜〜

おわり。